歯のメンテナンスは、大事だよ!

私は、小さい頃に歯医者がとても苦手で、大阪の歯周病治療の経験豊富な歯科医院は治療もとても怖かったというトラウマがあり、歯に痛みがでるまでは、なかなか自分からメンテナンスをするということはしていませんでした。

 

しかし、先日のこと、食事をしていたら、突然、埋めていた、奥歯の銀歯が取れてしまいました。それで、仕方なく大阪の歯医者に行ったのですが、神経を取るぎりぎりまで虫歯が進んでいました。今まで、痛みが無かったので放置していたのです。きちんと定期的に歯医者に行っていれば、ここまでひどくなる前に治療できたはずです。

 

治療も、麻酔をしてから、虫歯を削り、痛みが出るかわからないので次回まで様子を見てから、型を取ることになりました。麻酔の注射も痛いし、何よりも虫歯が大きくなっていたことがとてもショックでした。この歯だけではなく他にも数か所虫歯があると言われました。

 

歯医者がどうも苦手と思い、ずっと避けていたがためにどんどん虫歯も増え、大きくなっていきました。高齢になっても自分の歯で食べ物をおいしいと感じながら食べることは、とても大切なことです。これからは、定期的に歯医者に通うつもりです。

幅広い治療ができる歯科医院

50代半ばの姉が、最近歯茎の調子が良くないと言い出しました。大阪の歯周病治療が実績豊富な歯科医院には、虫歯だけでなく歯茎の状態によっても抜けたりすることがあるので、こういった異変はかなり怖いものです。ましてや50代という年齢です。歯茎も弱ってくる年齢なのかもしれません。

 

そこで姉はネットで調べて、普通の歯科医院ではなく、歯槽膿漏などの歯周病に関する専門家がいる歯医者に通うことになりました。多くの歯科医院では、1人の歯科医師が経営するパターンが多いです。しかし姉が行った歯科医院は、3人の医師が勤務しており、それぞれ得意とする専門科を持っているそうです。そのため、幅広い口腔内の病気に対応してくれるとのことでした。

 

姉に実際に行った感想を聞いたところ、確かに専門の歯科医に治療してもらえる安心感があるそうです。詳しく説明してもらえ、わかりやすかったと言っていました。より詳しい情報を知ることで、今後の方向性も見えて安心するようです。その後姉は、数か月に1回の割合で、しばらく消毒やら口腔内洗浄をしながら定期的に通うことになりました。