シークエンシャル矯正をしています

大阪で歯周病治療するなら唾液検査をメインに審美歯科で歯並びの矯正をしています。
シークエンシャルは残念ながら、非抜歯矯正ではありません
前歯のゆがみは、奥歯の位置の問題だという考えで矯正をするため、
普通親知らずを抜歯して、奥歯を後ろに倒して、前歯に隙間を空けていきます。

 

昔の矯正をされている方は、歯並びが悪いのは、顎が小さくて歯が大きいと言われていましたが、(実際少数ですがそういう方はおられますが)ほとんどの方は、歯も顎も大きくなっています。

 

では、なぜ噛み合わせが悪くなっているのか、と言う疑問が出ますが、あくまでもシークエンシャルの考え方ですが、
奥歯の噛み合わせが低い 位置が前に倒れているのが原因と考えられています。
そのためにシークエンシャルで矯正をすると、顔が長くなります。

 

どれぐらい長くなるかの目安は、上の歯が下の歯に1-2mmかぶるぐらいの高さまで上がるので、出っ歯の人や、噛み合わせが深い人は5-6mm挙がります。
前歯の出っ歯は、1時的に悪くなりますが、ゴムをきちんとかけると、必ず引っ込みます。

 

あと、ワイヤーの特徴は、まっすぐでなくたくさん曲げが入っており、ワイヤーの上にさらにもう一本、ワイヤーをつけたりすることも1時的にはあります。
特徴は、大事な小臼歯を抜かないことと、治療が1ー1年半年ぐらいで終わること、歯磨きが大変なこと、ワイヤー曲げるのが大変なこと、ですかね