歯の矯正に興味があるけども・・

最近、歯並びをきれいにする矯正にものすごく興味があります。大阪で歯周病治療なら減菌をしっかりと理由はいたってシンプルで、そのほうが見た目が良くなるからです。ただねえ、この歳になって歯の矯正をするのはなんだかちょっと抵抗感があります。だって、歯の矯正をするとなると、矯正器具をつけなきゃいけないでしょ。あれがねえ、ちょっと・・。仮に私が人前に立つ仕事(芸能界)をしていたら、そんなに抵抗感を感じていなかったことでしょう。ある種、それが仕事の一環だからです。が、私はごくごくフツーの一般人。そんな一般人が、ある一定の年齢に達してから歯の矯正をするというのは、どうなんでしょうね。周りから変な目で見られたりしないんでしょうか。それとも、年齢に関係なく、皆普通に歯の矯正をしているのでしょうか。いや、そんなことはないはずです。子供が矯正器具をつけているのはよく見かけますが、大人がつけているのは、はっきり言ってみたことがありません。それを考えるとやっぱり、歯の矯正っていうのは子供のうちにやっておかなきゃいけませんね。

歯磨き頑張ろうと思いました

大阪で歯科衛生士と歯科助手との違いを近所の某歯科は残念ながらあまり良くありませんでした。カウンセリングで差し歯にしなければならないと言われましたが、たまたま前にその某歯科に通ってたという人から話を聞きましたら、その方も差し歯と言われたが大阪市内の違う口コミの良い歯科に行ったら差し歯にしなくてもすんだそうです。

 

カウンセリングのおじさんの説明は理解出来ましたが、カウンセリングというより営業という気がしました。患者は歯の治療の知識なんかないから勧められるとやるしかない。知識がないから治療まえにインフォームドコンセントするのはいいことなんですがね…。しかしそのおじさん、歯科医師免許はないそうです。

 

夜担当の院長先生はA型ではないなという感じだし、 一人、助手の姉さんに態度のよろしくない人がいましたし(怒)。そんなこんなで行くのやめました。
一応、フォローしとくと受付の子の対応はすっごく良かったし、一人を除いて他の助手の姉さん達は普通でした。

 

担当の先生によって違うみたいで、いい先生もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、自業自得…歯磨き頑張ろうと思いました(哀)

治療して欲しいけれども進まない

虫歯の難しくなるとなかなか治してもらえなくなってきます。
大阪で歯周病治療なら多くの研修に参加している歯科医が定期健診に行くたびに、奥歯に虫歯があるということがわかりながらもドクターは治療をしてくれません。
奥歯の裏側にあります虫歯は非常に治療するのが面倒な場所なのです。

 

この度は「痛みますからどうにかしてください。」と別の歯の治療をお願いしたのですが、その奥の親知らずから抜きたいとドクターは言うのです。
人気も実績もあるその歯医者さんの腕前は確かなものです。
そのクリニックはある大学の卒業生ばかりで行っています優秀なスタッフの多い場所なのです。

 

一度ほかのクリニックに相談して治療したこともあるのですが、それはやはりすぐに痛んでしまって、やっぱりいつもの場所に戻って相談することになってしまったのです。
皆さん、虫歯は必ず治療してもらえるとは限りませんから、先ずは予防が大切です。

 

特に奥歯の裏などは虫歯にならないように要注意です。
ドクターは矯正やインプラントをすすめてくるのですが、やっぱりわたくしは本物の歯を大切に使いたいのです。