歯医者で右上の親知らずを抜歯した体験談

突然、右下の奥の歯茎が腫れてしまい、食べるのも飲み込むのも痛くなってしまったため歯医者を受診しました。

吹田の近くにかかりつけの歯医者があったため、予約して行くことにしました。

痛む場所が歯茎だったため、虫歯では無いと思っていたので予約が1ヶ月先になってしまいましたが、受診日がくるまでなんとか痛みを我慢しました。

歯医者で確認してもらうと、上の親知らずが下の歯茎に当たっている事が歯茎が腫れた原因である事が判明しました。実際に、レントゲンを撮影してみると上の親知らずと下の歯のかみ合わせが分かりました。

虫歯はありませんでしたが、このままだと頻繁に腫れるかもしれないとのことだったため、抜歯を決意しました。上の歯の親知らずは比較的歯並びが良かったため、簡単に抜けるとのことでした。

まずは麻酔を注射して、麻酔が効いてきた頃にとがった棒で歯茎をつついて、まだ少し感覚があったため麻酔を追加して頂きました。

麻酔の確認が終わってから、機械を用いて歯を抜歯して頂きました。
麻酔が効いているといっても音は聞こえてくるので、とても怖い思いをしましたが、痛みは全く無い状態で抜歯が終わりました。

親知らずの抜歯は痛そうと躊躇している方がいらっしゃるかもしれませんが、歯並びが良い場合で上の歯の抜歯の場合は、痛みは全くありません。ただし音は怖いので、耳栓など持参すれば良かったなと思います。